Tinder(ティンダ)写真の送り方や注意点を解説

今オススメのマッチングアプリ

あなたは、Tinderでマッチングした相手の顔をもっとよく見たいと思ったことはありませんか?

プロフィール写真は何枚か載せているが、見えづらかったり加工しすぎててだれかわからないときなど相手に他の写真を見せてもらいたいと思うでしょう。

しかし、写真の送り方などを知っていないとどうすることもできません。

Tinderでの写真送信に関して

Tinderでマッチした相手とやり取りをしていく中で、趣味の話だったりお互いの外見なんかの話をしていくと思います。

その際に、「ペットの写真見たいなぁ~」とか「会う前にお互いの写真交換しようよ!」なんて会話も自然と起こりうると思います。

そんな時にどうすればいいのかを、今回はご紹介したいと思います。

Tinderで写真を送ることはできない

Tinderで写真を送る機能というのは、今のとこ設定されておりません。

相手の顔や雰囲気を判断する材料としては、プロフィールの写真くらいしかありません。

写真ではいい感じと思っていたが、会ってみたら全然違う!ということはなるべく避けたいと思います。

Tinderではなぜ写真送信が出来ないの?

Tinderで写真がおくれない理由は2つあります。ひとつは悪用される危険性を下げるためです。

悪用目的でない人のほうが多いと思いますが、Tinderではそもそも画像を送れなくすることで犯罪などを未然に防ぐ意図があるようです。

もうひとつは、ほかのSNSへ移行しやすくなるからです。

これは仮説ではありますが、画像が送りたいから連絡先を聞くというのはかなり自然な流れになると思います。

Tinder側がこれを理由に写真を送れなくしているかはわかりませんが、写真が送れない事によってほかのアプリに移行しやすくなることもあると思います。

ポイント

悪用される危険性を減らすため

ほかのSNSへ移行しやすくなるため

Tinderで写真を送りたい場合

Tinderで写真を送れないからと言いて、諦めるのはまだ早いです。

相手の協力も必要になりますが、あらゆる手段を使えば写真を送りあうことはできます。

LINEかカカオトークを交換する

相手が了承してくれたら、LINEかカカオトークを教えてもらいましょう。

ほかのアプリでは普通にできることなのですがTinderは画像送信機能がありません。

ほかのアプリに移行して画像を送りあう必要があるのですがここで、それぞれ注意しなければいけないことがあります。

LINEの場合

自分から教える場合は「絶対にQRコードを送るようにする」ということです。

理由は、電話番号やIDを教えてしまうとその後なかなか変えることができなくてずっと残り続けるからです。

QRコードであれば、更新ボタンを押せすと違うQRコードがすぐに発行されセキュリティの面で安心です。

しかし、QRコードの写真は送れないのでURLで送るようにしましょう。

カカオトークの場合

LINEと違い、ふだんあまり利用することはほぼないと思うのでアカウントを作り直したりしやすいと思います。

なので、IDは教えたりしてもいいかもしれません。

しかし、電話番号を教えるのはそれ自体が個人的な情報なのでLINEと同じように教えないほうが良いでしょう。

それに加えて、カカオトークはQRコードをURLにすることはできないので自分から教えるときはID一択になりそうです。

ポイント

  • LINEはQRコードのURLを送る
  • カカオトークはQRコードをURLにできないので、IDを送ってもOK

LINE交換をしてURLが送られてくるケースもあるので注意

たまに、業者または詐欺師がマッチングアプリを利用しています。怪しげなサイトに誘導されて、金銭をだまし取られるケースです。

Instagramでも横行していますが、直接お金は受け取らずにサイトの入会料を支払わせるなどはよくあるケースです。

なので、絶対にLINEなどに移行した際に送られてくるURLは開かないようにしましょう。

上手に連絡先を交換するコツ

あいさつもなしに、いきなり連絡先を聞いたり「会おうよ」と持ち掛けるのはとても失礼な行為です。

アプリやネットだからといって、マナー違反なことはせずにちゃんと段階を踏んでから聞くようにしましょう。

それに、いきなりそんなことを聞いても返信が来る確率は0に等しいでしょう。

注意ポイント

  • あいさつもなしに、いきなり連絡先を聞かない
  • 最初から下心丸出しだと、相手にされない

素直に気持ちを伝える

「話をしてみて、君ともっと仲良くなりたいと思った。だからこれからあったりして遊びたいなとも思うけど顔もよく知らないと不安だからLINEを交換してくれないか?」というように、素直に気持ちを伝えれば相手も素直に交換してくれるかもしれません。

ただし、ある程度の信頼関係ができていなければヤリもくだと思われてしまうので、いきなり聞いても逆効果になってしまいます。

写真を見たいと言う

プロフィールに相手の写真がひとつもない場合は素直に写真が見たいと伝えてみましょう。

こちらだけみせて相手が見せないのであれば、あまり仲良くなりたくないと思われている可能性が高いので早急にほかの人を探したほうがいいと思います。

電話したい

ある程度トークをしていると直接声を会話をしてみたくなると思います。幸いなことに、Tinderもほかのマッチングアプリと同じように電話機能がついています。

会話して直接話したほうがLINEなどを聞きやすくなるので会話が苦手でなければ、すぐに電話に誘いましょう!

早く仲良くなりたいと伝える

アプリでもリアルの世界でも、一途な男というのは魅力的です。最初のうちは、連絡もまめに返し全力で仲良くなりたいことを伝えましょう。

行動に示すことができれば「あなたともっと仲良くなりたいです!」というセリフも信憑性を増してきます。

その他画像を見る手段

LINEやカカオトークはハードルが高いと感じるのであればほかに写真も送れるメッセンジャー付きのアプリを聞いてみたりとまだまだいろいろ方法はあります。

そして、何度も言いますが写真交換や他のアプリへの移行が提案できるのは、それまで楽しくTinder内で楽しく会話で来ていることが前提です。

インスタを交換する

Tinderには、もともとInstagramと連動する機能が備わっています。

LINEやカカオトークなどハードルが高ければInstagramを教えてもらうようにいってみましょう。

Instagramなら教えてもいいかなと思う女性も多くいるはずです。

プロフィールの画像に追加してもらう

直接送らなくてもプロフィールに画像を追加してもらえば自分だけではないですが、お目当ての写真を見ることはできます。

連絡先なども聞かなくていいので、この方法が一番交渉しやすいかもしれません。

しかし、ほかの人も見ることができてしまうため、加工をした写真など実際とはかけ離れた写真しか載せてくれない場合もあるのでご注意ください。

Tinderで写真を送る場合の注意点

自分の顔写真などを相手に送る場合は気を付けなければならないことがたくさんあります。

本当は何者なのか実際に会ってみないとわからないことはたくさんあります。

個人情報を他人に流す時は慎重に考えましょう。誰にでも簡単に送ることは極力避けたほうがいいです。

身バレ注意

マッチングアプリでみんなが懸念していることは、知り合いなどに身バレすることです。

相手がどういう人かわからないまま送ってしまうと、もし知り合いだった時に身バレしてしまう可能性があります。

写真を送る前に、その人についていろいろ知ったうえで知り合いの可能性はないのか判断していかないといけません。

悪用される場合も

プロフィール写真や、送った写真などを保存されてなりすましとして悪用されるケースがあります。

相手がどんな人か信用のないうちは絶対に送らないほうがいいです。

それ以外の対策としては、マスクをしたり加工をしたりして自分とは一目でわからないような写真を送るのが良いでしょう。

ストーカー被害に遭う場合も

自分の住んでいるところが背景でわかってしまうような写真は絶対に送らないようにしましょう。

勝手に家の近くにきて接触してくるかもしれません。

写真を送る前に、必ず身元が分かるようなものがないかチェックしてから送るようにしましょう。

Tinderで写真を送って欲しい心理

Tinderでやりとりをしているのかで、「写真を送ってほしい」と言われることはかなりあります。

これから仲良くなりたい相手だったり会う約束をした後などは、1度は確認しておきたいですよね。

タイプな顔か判断したい

男女共に、マッチングした相手の顔はとても気になると思います。

自分好みの顔かどうかはこれから仲良くしていくうえでかなり重要なポイントです。

会ってから好みでないとわかったとしたら必要以上に落ち込んでしまいますし、時間の無駄だったと思うかもしれません。

知り合いか確認したい

プロフィールに顔写真が設定されていなかったり、はっきりと顔がわからないものしかなかったりすることがあります。

相手が知り合いだとしたら気まずくなってしまうので、それを確認するために送ってほしいという人もいます。

悪用、詐欺

最初から、恋人探しや友達探しとして使用しているのではなく悪用するために写真を送ってほしいと言ってくるパターンもあります。

こういう人は、アカウントの雰囲気や話していて不自然な点などが必ず出てきます。

ストーカーなど

写真の背景や、黒目に写る景色などから住所を特定する目的で送ってほしいという人もいます。

写真を送っただけでストーカーしようとする人はなかなかいませんが何度か会って、関係がこじれたときに逆恨みでストーカーされることもあるので十分に注意する必要があります。

最新!本当に出会えるマッチングアプリ7選(本当に出会いたい人以外NG)

本当に出会えるマッチングアプリ4選を紹介していきます!マッチングアプリ全部を実際に使用して、研究したエージェントが本当に出会えるオススメアプリを紹介します。

第1位 CROSS ME(クロスミー)

CROSS MEは、すれ違い機能が特徴のマッチングアプリ。

会員数50万人以上
おすすめ度
メイン年齢層20代~30代
月額料金男性:3,800円(1年まとめ払い1ヶ月あたり2,900円)/女性:無料
利用目的恋活
運営会社株式会社プレイモーション(株式会社サイバーエージェントの子会社)
オプションキーワード検索/既読・未読の確認
備考GPS機能で出会える

CROSS MEの特徴

  • 男女比=6:4
  • 年齢層が若い
  • 24時間365日の監視体制
  • 未成年が登録できない仕組み
  • GPS機能(すれ違い)で相手を探せる

CROSS MEは、利用者の年齢層が比較的若く、可愛い女性が多いとされています。

また、身分証明書による年齢確認が必須であるため、未成年に手を出して条例に引っかかる心配も少ないです。



↑上記から詳細を確認出来ます

どんな人におすすめ?

  • 大都市在住
  • 友達を作りたい
  • 恋活をしたい

CROSS MEの最大の特徴は、GPS機能を利用して登録者とすれ違うことで、近場に住む異性と出会うことが出来るという点です。



↑上記から詳細を確認出来ます

第2位 Pairs(ペアーズ)

ペアーズは株式会社エウレカの運営する恋活・婚活マッチングアプリ。

会員数1,500万人
おすすめ度
メイン年齢層20代前半~30代後半
月額料金男性:4,300円/女性:無料
利用目的婚活・恋活
運営会社株式会社エウレカ
オプション検索・並び替え機能の拡張/メッセージの既読・未読確認(プレミアムオプション)
備考プレミアムオプションで人気の女の子を探しやすくなる

ペアーズの特徴

  • Facebook認証が必要
  • 会員数が非常に多い
  • 検索条件を豊富に指定可能
  • コミュニティが充実
  • 男女比は男性70%女性30%
  • プレミアムオプションで検索が便利に
  • 再婚相手探しにもおすすめ

ペアーズの特徴は、会員数が非常に多く、豊富な条件指定が出来ることです。

様々な条件で相手を探すことが出来るため、同じ趣味を持った相手を探しやすい環境になっています。

どんな人におすすめ?

  • たくさんの異性と出会いたい
  • 趣味や性格の合う人と結婚やお付き合いをしたい
  • 真剣交際したい
  • 再婚相手を探したい

ペアーズは、国内最大規模の恋活・婚活マッチングアプリのため、たくさんの異性と出会えます。

たくさんの候補の中から選べるため、趣味や性格の合いそうな結婚相手や恋人を探しやすいと言えるでしょう。

ペアーズを利用すると騙される可能性がグッと減るため、真剣交際の相手を探したいときにお勧めと言えるでしょう。

第3位 Dine

Dineは、食事デート前提のデーティングアプリ。

会員数20万人
おすすめ度
メイン年齢層20代前半~30代後半
月額料金男性:6,500円(1年プランなら1カ月当たり2,900円)/女性:実質無料
利用目的恋活
運営会社株式会社Mrk&Co
オプションデート日程調整とメッセージ無制限(有料会員)/Top Picks(人気メンバー100人のプロフィールを閲覧)/シークレットモード/毎月30コインが無料で貰える(プラチナ会員)
備考デートすることが目的

Dineの特徴

  • 食事デート前提のデーティングアプリ
  • 飲み友達を探せる
  • マッチング相手と自分どちらかが有料会員である必要がある
  • すぐに出会いやすい
  • 連携店は東京・名古屋・福岡・大阪などの大都市に多い

Dineはデートすること前提のアプリのため、約束をして数日で出会いやすいという特徴があります。

恋人はもちろん、異性の飲み仲間を探したいという人にも向くサービスと言えるでしょう。

どんな人におすすめ?

  • マッチング後のメッセージのやり取りが面倒くさい
  • 異性とデートしたい
  • とにかく相手と実際に会ってみたい
  • お店選びの自信がない
  • 大都市在住者

Dineは、デート前提のアプリのため、マッチングアプリのようにマッチング後に会う会わないの決定で拗れにくいです。

また、デート前提のため、異性とデートしたい、とにかく相手と実際に会ってみたいというユーザー向きのサービスと言えるでしょう。

第4位 PayCute

2019年にリリースされたリッチな男性向けマッチングアプリ。

会員数
おすすめ度
メイン年齢層20代後半~30代後半
月額料金男性:10,000円/女性:無料
利用目的恋活
運営会社株式会社PayCute
オプション検索上位に表示/メッセージの既読と未読の確認/フリーワード検索/毎月50ポイントプレゼントなど
備考ハイクラスの男性が利用

PayCuteの特徴

  • 女性の比率が多い
  • 男性の月額料金がとにかく高い
  • ハイクラスな男性が集まる
  • ユーザー数が少ない
  • 悪質なユーザーに対する厳しい対応
  • サクラゼロを宣言している
  • コンシェルジュサービス
  • 電話番号でリアル知人をブロック

PayCuteは出来たばかりのサービスであり、サクラゼロを宣言しています。

そういった背景もあり、会員数は男女ともにまだ少ない状態です。

PayCuteの男性月額料金は、1万円でオプションを追加すると15,000円にもなります。

そのため、富裕層の男性でないとPayCuteを満足に利用することすら難しいです。

無料会員、有料会員問わずPayCute会員は、コンシェルジュサービスを利用できます。

コンシェルジュサービスを利用すれば、マッチングやデートに関してはもちろん、自分の好みの異性とデートできるまでアドバイスして貰えます。

どんな人におすすめ?

  • 恋活をしたい
  • ハイスペックな彼氏が欲しい
  • 遊び相手が欲しい

PayCuteは、婚活と言うよりは恋活をしたい人向けのサービスです。

婚活をしたい女性は、他の婚活系マッチングアプリの利用をおすすめします。

第5位 ユーブライド

ユーブライドは、株式会社Diverseの運営する婚活マッチングアプリ。

会員数200万人
おすすめ度
メイン年齢層20代~40代
月額料金スタンダードプラン:4,300円(1年間まとめ払い1ヶ月あたり2,400円)/プレミアムオプション:2,980円
利用目的婚活
運営会社株式会社Diverse
オプション開封確認/写真付きメッセージのやり取り/プレミアムメッセージの送信/コンシェルジュサポート(プレミアムオプション)
備考女性も有料なので真剣に婚活している女性が多い

ユーブライドは、マッチング系アプリとしては珍しく、男女同じ料金がかかります。

無料プランも存在しますが、ほとんどの機能が解放されないため、ユーブライドで婚活したいなら、最低スタンダードプランには加入しておくべきです。

ユーブライドの特徴

  • プレミアムプランでコンシェルジュサービスが利用できる
  • 女性も月額料金がかかる
  • 男女比=7:3
  • 有料なので女性はライバル少なめ
  • 結婚に関する細かなプロフィール項目

ユーブライドは、女性側も月額料金が発生するため、真剣に婚活している女性が多く、真剣に結婚相手を探している男女に向くでしょう。

また、ユーブライドは結婚に関する細かなプロフィール項目を設定できるため、プロフィールで相手との結婚観などを擦り合わせることができます。

どんな人におすすめ?

  • 真剣に婚活したい
  • 結婚観や性格の合う人を探したい
  • プロに相談に乗ってほしい
  • お金がかかっても良い

ユーブライドは、1年で成婚者2,000人以上を出しているという点から、真剣に活動すれば結婚できる可能性が高いサービスであると言えるでしょう。

また、ユーブライドでは各種証明書を提出することができます。

各種証明書の提出具合によって相手の真剣度を図ることができ、独身証明が提出されていれば、既婚者に騙されるという心配もありません。

第6位 いきなりデート

いきなりデートは、ハイスペック男女向けの完全審査制恋活・デートアプリ。

会員数5万人
おすすめ度
メイン年齢層20代後半~30代
月額料金男性:4,800円(1年まとめ払い1ヶ月あたり2,483円)/女性:2,980円(1年まとめ払い1ヶ月あたり1,550円)
利用目的恋活・デート
運営会社コネクト株式会社
オプション今日のプラチナムピックアップ/無料デート参加し放題/毎日50人のお相手におすすめ表示/条件検索/オンラインステータス/レストランエリアの指定/非表示設定
備考完全審査制/ハイスペックな男女

いきなりデートの特徴

  • すぐに日程を決めてデートできる
  • 完全審査制
  • いきなりお見合いがセッティングできる
  • デートのセッティングはスタッフが行う
  • 顔写真は非公開
  • 忙しい社会人でも使いやすい
  • メッセージのやり取りは不要

いきなりデートは、細かなメッセージのやり取りやデート場所の設定など時間のかかる作業をスタッフが代行してくれるデートアプリ。

時間のかかる作業は一切不要なので忙しい社会人でも恋人を作りやすいです。

完全審査制なので自分自身もハイスペックである必要がありますが、ハイスペックな異性を探したい人におすすめと言えるでしょう。

どんな人におすすめ?

  • 実際に会いたい
  • 面倒な手順を省きたい
  • ハイスペックな異性を求めている
  • 自分自身もハイスペックである
  • お金をかけても良い

他のマッチングアプリは、出会うまでにメッセージのやり取りを行うのが普通です。

いきなりデートは、名前の通り「いきなりデートする」サービスであり、デートがスタートになります。

そのため、面倒な手続きを省いて実際に異性に会いたいという男女に向くサービスと言えるでしょう。

第7位 ゼクシィ縁結び

独自のお見合い機能を実装しているゼクシィ公式のアプリ「ゼクシィ縁結び」は、累計会員数140万人を突破している人気マッチングアプリです。

そのゼクシィ縁結びの中にある「価値診断」とは、“一緒にいると幸福度が高くなる、価値観が合う相手”とを結びつけてくれる診断&マッチング機能です。

診断結果は13タイプに分かれ、相性が良いとされるお相手と「価値観マッチ度」として相性度を数値で掲示してくれます。

「ゼクシィ縁結び」のポイント

  • 18問の価値診断(無料)を受けるだけで自分の潜在的な価値観が診断できる。
  • ぴったりの価値観のお相手を毎日4名、年間1460名紹介してもらえる。
  • お相手との相性が数値でわかる。
  • 紹介された相手との相性で「良いポイント」と「注意ポイント」の双方を教えてもらえる。
  • 13のタイプに分けられ、診断は無料でできる。

診断の質問も簡単な内容で約3分程度で回答できる上、同じような価値観や考え方をしている異性を紹介してもらえるため効率の良い婚活を行うにはピッタリの機能です。

診断結果はマイページからいつでも確認でき、再診断も可能です。

MARUMEOの公式SNSはこちら!

-Tinder
-, ,

Copyright© MARUMERO , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.