【最新】ペアーズ(Pairs)でブロックすると相手にバレる?きっかけと防ぐ方法を徹底解説!

今オススメのマッチングアプリ

ペアーズを利用していると、相手と距離を置きたい場合や知り合いに見つかりたくないときなど、様々なシーンで「ブロック機能」を意識するかと思います。

今回はブロックするとペアーズ上でどのような変化があるのか」「相手に気づかれてしまうのか」など、ブロックに関する気になるポイントを徹底解説していきます。

ペアーズ(Pairs)でブロックとは

ペアーズにおけるブロックとは、相手との交流を完全に絶つ手段を意味し、あなた・相手の双方の画面上から一切の情報が表示されなくなります。

全ての接点を失ってしまう強力な制限設定だと考えればわかりやすいでしょう。

ペアーズ(Pairs)でブロックしたらどうなるの?

前述通り、ブロックとは相互に表示・コンタクトをとることをできなくする機能です。

ブロックするとこう変わる

  • 相手から見るとあなたは「退会済み」と表示される
  • 「みてね!」なども含め、一切のコンタクトが取れない
  • 今までの交流の履歴は全て抹消され、内容の再確認もできない
  • 検索をしても表示されない

ブロック手順

ブロックしたい相手のプロフィール画面上部の「…」をタップ。

次に表示される選択肢から「非表示・ブロックの設定」をタップします。

 

「ブロック」ボタンをタップ。

ボタンの色が緑に変わっているのを確認したら、次に「設定」をタップ。

最終確認で「はい」を選択するとブロック完了です。

ペアーズ(Pairs)でブロックすると相手にはバレる?

何度もメッセージのやり取りをしていたり、デートをしたなど、交流が深くなればなるほどブロックすることに申し訳さを感じる場合が多いでしょう。

相手の心情を考慮すると、「できればブロックしたことがバレたくない」と考える人は少なくありません。

バレずにブロック出来ない?

ペアーズでは、ブロックしたことが相手にバレる可能性は非常に低いと言えます。

何故なら、相手から見るとあなたのアカウントは「退会済み」としか表示されず、接点の全てが強制的に絶たれてしまうため事実を確認することができなくなるからです。

マッチング前の相手の場合

  • 足あとやいいねなどの痕跡が全て消える。
  • 検索で双方がヒットしなくなる。
  • あなたが元からペアーズ上に存在していなかったような状態になる。

マッチング後の相手の場合

  • 相手には「退会済み」と表示される。
  • メッセージでの交流が一切できなくなる。
  • メッセージの履歴が閲覧不可となる。
  • 足あとやいいねなどの痕跡が全て消える。
  • 「退会済みのユーザーにはコンタクトできません」と拒否される。

退会とブロックの見分け方

本当に退会している場合」と「ブロックしている場合」を見分ける方法はないのでしょうか。

結論を言えば、ブロックされたアカウントから二者を確実に判別することはできません。

ブロックしたかの可否は、ブロックした本人にしかわからない仕組みとなっているのです。

唯一確認する術があるとしたら、ブロックされた方が友人や再登録したアカウントを使って確認するという方法が挙げられます。

ペアーズ(Pairs)でブロックしたことがバレるきっかけと防ぐ方法

いくらブロックしたことが相手にバレにくい仕組みとはいえ、裏ワザやブロックしたタイミングで絶対にバレない」とは言い切れなくなります。

ブロックしたことがバレてしまう数少ないケースをご紹介します。

他アカウントからログインした場合

アカウントをブロックするというのは、特定の相手をピンポイントで遮断するということ。

当然ながら、ブロックしたアカウント以外から見るとあなたのアカウントは存在しており、発見することが可能です。

ブロックしたことが相手にバレるとしたら、「再登録したアカウント」や「他人のアカウント」を使って、あなたを探されてしまうケースが唯一挙げられます。

バレないポイント

ペアーズは、特定の人物を正確に見つけ出す方法が存在しません。

なぜなら、登録名やIDなどで検索する機能は備わっておらず、ほんの少しプロフィールの内容を変更するだけで、格段にヒットしずらくなるからです。

さらにアカウントの再登録も多くのデメリットがつきまといます。

そこまでしてブロックの有無を確認しようとする方はまず居ないと考えて大丈夫でしょう。

退会済み表示になったタイミング

いくら相手にバレないからと言って、デートした直後や、メッセージをやり取りしている最中に突然ブロックしてしまうと強い違和感を感じさせてしまいます。

ペアーズの利用者の大半がブロック機能を理解しています。

前触れもなくあなたのプロフィール画面が「退会済み」表示になった場合、確信は与えないとしても、「ブロックされた」と勘づかせてしまうでしょう。

バレないポイント

相手に悟らせたくない場合は、時間や距離を置いて実行するか嘘でも「退会する」と一言伝えることをおすすめします。

ブロックすると相手の表示画面からはどう見える?

ブロックすると相手からあなたのアカウントの痕跡が消えたり、退会済みと同等の表示に切り替わります。

相手から見て各ページがどのように表示されるか、詳しくご紹介します。

検索時

相手があなたが登録している特徴と同等の内容で検索をかけてたとしても、検索結果にあなたはヒットしません。

プロフィール

プロフィール画面へのアクセスが絶たれてしまい、確認することができなくなります。

もちろんアイコンの写真も削除されており、見ることができません。

足あと

過去に残した足あとは双方の履歴上から完全削除されてしまいます。

お気に入り

相手のお気に入り欄からあなたのプロフィールが完全削除されます。

いいねの履歴

過去に押したいいねも双方の履歴上から完全削除されてしまいます。

メッセージ履歴

リスト上には「退会されたお相手です」と痕跡が残りますが、やりとりの内容を再確認することはできません。

アイコンもグレーに初期化され、写真や名前を確認することもできません。

いいねの数

一度送ったいいねは取り消しができません。

そのためブロックしたからと言って、いいねの数が減ることは双方ともにありません。

ペアーズ(Pairs)のブロックと非表示設定の違いは?

「非表示設定」とは、大きな問題があったわけではないが、当面画面上に表示しておきたくないお相手に設定する機能です。

あくまであなたのアカウント上でお相手を表示しなくするだけであり、相手からはあなたのプロフィールを確認することができます。

さらに詳しく

非表示設定したとしても、相手に通知が入って気づかれることはありません。

相手はあなたにメッセージを送ることはできますが、あなたに受信通知がされなくなるので、自ずと目に留まらなくなる機能なのです。

「あなたのアカウント上に相手を表示しないだけの機能」と考えれば簡単です。

非表示設定にする手順

非表示設定したい相手のプロフィール画面上部の「…」をタップ。

次に表示される選択肢から「非表示・ブロックの設定」をタップします。

「非表示」ボタンをタップ。

ボタンの色が緑に変わっているのを確認したら、次に「設定」をタップ。

最終確認で「はい」を選択すると非表示完了です。

通報・違反報告との違い

自分を守る方法として、ペアーズから提供されている様々な機能があります。

主に挙げられるのが「ブロック」「非表示」、そして相手の違反行為を運営側に知らせる「通報・違反報告」です。

この機能たちには、それぞれに特徴があり双方の利用者に与える影響も異なります。

ブロック非表示通報
交流履歴双方
全て削除
あなたは
見えない
残る
検索表示双方
見えない
あなたは
見えない
表示
される
設定解除不可可能不可
再登録後の継続不可不可相手側
再登録不可
バレないか

「通報・違反報告」した直後は相手のアカウント上に大きな変化は見られません。

あなたの通報を基に運営側に事実確認を行い、通報内容が事実であると運営側が判断した後、通報された側は警告を受けたり強制退会のペナルティが科せられます。

また強制退会処分となった場合、再登録もできなくなってしまいます。

ブロックするとあなたの画面から相手が一切表示されなくなる

何らかの理由で「相手と交流したくない」状況に陥った場合、自分を守る対策として非常に有効な手段がブロックです。

一方で、表示されることがなくなってから相手が恋しくなり、後悔をするユーザーも見受けられることから、設定には注意が必要です。

ブロックを解除したい場合は

ペアーズのブロック機能は一度設定すると、解除することはできません。

ヘルプページにも「一度設定すると解除できません」と記載されているため、カスタマーサポートに問い合わせをしても解除してもらうことは難しいでしょう。

なぜ解除できない?

  • ブロックをすると、お相手の画面には「退会済み」と表示されます。これはブロックされた側への配慮だと予想されます。
    それにも関わらずブロックが解除できてしまうと、「退会済み」と表示されていたアカウントが復活して見え、ブロックしていた事実に気づかせてしまいます。
  • ブロック機能は相手との関係を一方的に遮断してしまう、強い制限機能です。
    そのため、安易にブロックをしないよう、よく考えて実行するように解除できなくしているのだと考えられます。

ペアーズ(Pairs)のブロックリストの確認方法

今までにブロックしてきた相手を確認したい場合、1つだけ方法があります。

「その他」タブの中の「設定」をタップし、ページ下部にある「ブロックユーザーリスト」をタップ。

ブロックしたユーザーの一覧が確認できます。

一覧が確認できるだけで、相手の詳細ページにジャンプすることはできません。

ブロックする心理

複数の異性と交流するペアーズユーザーは、様々なシーン・きっかけでブロックを意識します。

ブロックを決心する心理はとてもシンプルで「この人と関わりたくない」「見つかりたくない」と感じた時、設定に踏み切ることが多いでしょう。

相手が想像と違っていたとき

マッチング前に相手を知る術は、プロフィールという限られた情報源しかありません。

そのため、相手を徐々に知っていくうちに「性格が合わない」「想像していたタイプと違った」と感じることがあるのは、当然と言えるでしょう。

マッチングアプリの目的は、人間関係の拡大ではなく「自分のパートナー」を見つけることです。

アプリの性質上、立席パーティーの様に次々に交流を深めていくことが可能が可能です。

性格や価値観の不一致を感じれば、交流を打ち切って次の出会いを探す流動的な一面があることを理解しておきましょう。

知り合いを見つけてしまったとき

オンライン上で、恋人探ししていることが知人に知られたくないと感じる人は、まだまだ多いと思われます。

そのため、ペアーズでは登録時にFacebookを経由してアカウントを作成した場合、友達登録されている人が自動的に非表示設定にされる機能が備わっています。

膨大なペアーズの登録者の中で、知人のアカウントを発見することはなかなか稀なケースだと思いますが、発見次第ブロックするという利用者は多く存在します。

迷惑行為をされたとき

下心が伺えるメッセージや会うことを催促してくるなど、度重なって不快な行為をされると「この人と親しくなっても仕方がない」と判断し、ブロックの対象となります。

オンライン上のやり取りは、双方の顔が見られないため言葉や対応が粗雑になりがちです。

そして迷惑や不快感は受け手によって感覚が異なります。

異なるからこそ対面で話す際より、さらに丁寧なコミュニケーションを重ねることが必要と言えるでしょう。

ブロックの特徴を理解して上手く活用しよう

人と人とを繋ぐマッチングアプリだからこそ、縁を断ち切るブロック機能には様々な制限と注意点があることをご紹介してきました。

ブロックされる側の気持ちを考えれば、「あまり設定したくない」「気づかれたくない」と考える方も多いでしょう。

しかしブロック機能はあなたの素敵な出会いの安全を守ったり、モチベーションを保つために必要不可欠な機能でもあります。

最新!本当に出会えるマッチングアプリ4選(本当に出会いたい人以外NG)

本当に出会えるマッチングアプリ4選を紹介していきます!自分に圧倒的に出会いたいなら下記がオススメです!

1位:総合王道「Pairs」

おすすめ度最安料金会員数年齢層
★★★★★月額1,480円1000万人以上20代~30代

会員数1000万人以上!!圧倒的な会員数!!!!
マッチングアプリの中で料金や会員数のバランスも良く非常に使いやすいアプリです。
基本的には20代~30代ですが、30代中盤の方も多くいるので30代でも使いやすい。

本当に出会いたい人はPairs(ペアーズ)!!今週中に1人とは確実に会えます!

アプリ累計会員数
Pairs
1000万人以上
タップル誕生
400万人以上
omiai
300万人以上

会員数TOP3のアプリと比べてみても、Pairsは圧倒的に会員数が多いです。
現在でも、毎日約5000人がPairsに登録しているというデータも出ています。

毎日新しい相手がどんどん増えるから、出会いやすいです!料金最安値で比べてみてもご覧の通り。

アプリ最安値料金
tinder
無料
Pairs
月額1,480円
(一括17,760円)
Poiboy
月額1,567円
(一括18,804円)

月額課金制のアプリの中では最も安いアプリです。

更にPairsで結婚、または付き合ったカップルからの報告はなんと2019年1月現在までで20万人以上。ここまで全て揃っていれば人気のアプリになるのも納得です。

ココがおすすめ

  • 累計会員数が多い
  • 月額料金が安い
  • 出会い報告の数が多い

祐樹

最初からpairs使えばよかったなと…。

評価
★★★★★
Pairsは人気があったから使ってみたけど、実際他のマッチングアプリと比べても全然マッチング率が違いました。他のマッチングアプリでうまくいかない人はPairs使ってみると良いと思います。
真帆

出会いまでが早い!

評価
★★★★★
こんなに早く理想の人と出会えるとは思わなかった!最初は興味半分だったけど、Pairs使っててよかったなーと思う。

悪質なサイトに騙されないように注意してください!

2位:ルックスで選ぶなら間違いなし「イヴイヴ」


審査を通った人のみしか登録できない
イヴイヴはとにかく美男美女が多いです。

おすすめ度最安料金会員数年齢層
★★★★☆月額2,800円毎日3000人が登録20代

累計会員数は公開されていませんが、毎日3000人が登録しているので会員数も問題なしです。

出会いの幅は広く、真剣に恋活をしている人からSNS感覚で利用している人までいます。
審査に通らなかったり、値段が高めだったりデメリット部分もありますが、見た目で探すならダントツにおすすめ。

ちなみに審査に年齢は関係ないです。僕も普通に審査は通れたので、30代以上の男子でも身なりを綺麗にしておけば比較的審査は通ります。

おすすめポイント

美男美女が多い


小田審査が不安だったものの…
評価
★★★★☆
審査通らないかと思ったけどどうにか審査通りました!実際可愛い子ばっかりでビックリした!ハードル高いなーと思ったけど、意外とすぐマッチングできました!

KANAイケメン探し!
評価
★★★★☆
イケメン探しに使ってました笑 遊び半分でマッチングしてみたら性格もイケメンだったので、そのまま付き合うことになりました笑

 

おすすめ度 最安料金会員数年齢層
★★★★☆月額2,320円100万人以上30代~40代

mixiグループ運営の大手婚活マッチングアプリ。
気軽な関係には向いていないものの、真剣な恋愛や婚活で選ぶならyoubrideがおすすめ!

2018年の成婚退会者は2442人と、実績も兼ね備えています。
公式サイトではお試し検索で会員を検索できるので、まずは自分のタイプの相手がいるか見てみてください。

僕と同じ年齢層の方にはベストな年齢層です!

ココがポイント

  • 成婚退会者が多い

くま

結婚相手見つけました!

評価
★★★★★
来月にyoubrideで出会った女性と結婚します。こういったアプリで結婚相手を探すことには抵抗があったんですが、こんなに早くうまくいくなら早く使っておけばよかったです!
くぅ

mixi懐かしい!

評価
★★★★☆
まだ結婚はしていませんが、youbrideで出会った男性と良い感じで話が進んでいます。mixi自体私の世代に流行ったSNSだったので、mixiが運営してるってだけで何か安心しました笑

4位 いきなりデート

・顔出し無し

・メッセージ無し

・男女共にハイスペのみ

・すぐ会える

・運営スタッフがデートの場所を予約

など

面倒なメッセージのやりとりや、いいねなど一切無し!今すぐデートしたい、会ってみたいというかたにオススメです。

「今までメッセージのやりとりだけで終わってしまった」「いい感じだったのに結局会えなかった」という方は、いきなりデートは登録から最短30分で会えます。

しかもなんと運営スタッフがデートの場所まで予約してくれる画期的なマッチングアプリです。

おすすめ度最安料金会員数年齢層
★★★★☆男性:2,483〜4,800円/月(税込)
女性:1,550〜2,980円/月(税込)
不明20代~30代

5位 真剣な恋愛目的なら「omiai」

おすすめ度最安料金会員数年齢層
★★★★☆月額1,950円300万人以上20代~30代

恋活アプリとしておすすめなのがomiaiです。結婚までいかずとも真剣に恋愛したい人におすすめ。

会員数も300万人以上と会員数が多いのも特徴です。
また、他婚活アプリと比べると利用年齢層も低く、料金も安いです。

MARUMEOの公式SNSはこちら!

-Pairs
-, , ,

Copyright© MARUMERO , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.